--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すこぶる奇妙にこわい話 選:阿刀田高

2010年10月24日 17:22

阿刀田高が厳選する「寄せられた『体験』」シリーズ第十弾。
創作も交えた、奇妙に怖い話を三十一編。


「共犯」
無事に成功したと思われた悪魔払い。
信心深い者には、そう見えた。端から信じていなかった者には…

「羽毛布団」
怪しげな販売会で買わされた、高級布団。
軽く柔らかな、その布団で寝た祖母と孫を襲った怪異とは。

「アルバイト」
車であるモノを運ぶだけの、簡単な仕事。
加えて高級にもかかわらず誰も長続きしない理由は、やはり。

「焼き門と火だるまの坊主」
古く危険な井戸を埋めようと決めたその矢先に見た悪夢。
その井戸を今も必要としているモノは…

「夢が住む場所」
一年に何度も、同じ部屋を指定して泊まりに来る夫婦。
そのペンションを閉める事になった理由と夫婦が部屋にこだわる理由は、同じ…

「お披露目」
火葬場で見てしまった、燃えずに残っていたモノ。
それは無念のままに死んだ彼女の、せめてもの想いが成したものだったのか。

「禁のモノ」
地元のモノは絶対に採らない、毎年一つだけ成るという「禁のモノ」
目立つ場所に生えるそれは、何も知らない観光客が採る事となり…


すこぶる奇妙にこわい話―寄せられた「体験」 (光文社文庫)
阿刀田 高
光文社 (2010-07-08)
売り上げランキング: 230433

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/219-fc13a4e3
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。