--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視えるんです。 著:伊藤三巳華

2010年10月31日 18:14

「視える」漫画家が綴る実話コミックエッセイ。
可愛い絵とドロドロした絵のギャップが怖い、そんな怪異を十六編。


「水びたしの足音」
仕事で泊まったホテルの部屋に居た、人成らざるモノ。
朝になってから見た窓には人為的なモノと、そうではないモノが。

「彼の人も知る旅情」
新しく、特に何も感じなかった温泉旅館。
そこで出会ったのは、霊感のない友人にも聞こえる程陽気で楽しげな。

「不謹慎な人柱」
中山市朗・北野誠と共に取材で出掛けた鎌倉の心霊スポット。
そこで著者が見たモノは、美しい花火と楽しげな女のお喋りだった…?

「すべての姑獲鳥たちへ捧ぐ 前編」
テレビ東京で放送された「怪談師No.1決定戦」収録中の怪異。
講座で熱弁する怪談師に必死に訴えかけていたのは…

「すべての姑獲鳥たちへ捧ぐ 後編」
亡くした子の為に鬼子母神を求め会場を彷徨う女。
偶然か必然か、奇しくもその日その場には。

「今夜も君と」
寂しさのあまりつい呼んでしまった、一年前に死んだ愛猫。
それ以来、部屋に居ついた気配と仲良く?暮らしていた著者だったが。

「お転婆巫女とお祭り狐」
不妊に悩む占い師の友人に語りかけてきた稲荷の狐。
懐妊後、共に参った著者の前に姿を現したのは…


視えるんです。 実話ホラーコミックエッセイ (幽ブックス)
伊藤三巳華
メディアファクトリー
売り上げランキング: 2145
おすすめ度の平均: 4.0
5 可愛いホラーです
4 視える人の私生活
5 怖がりの私でも、読めました!
5 伊藤三巳華独特の表現に◎
3 視えるんですか?そうですか?

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/228-8b6a9836
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。