--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖 真夜中のネタ本 編:怪奇ゾーン特報班

2010年11月09日 22:59

様々な本や雑誌からネタをかき集めた怪談本。
纏まりのない雑多な怪異を六十七編に、お菊人形を収めた寺などの紹介が五ヶ所。


「海の死霊に引き込まれる!」
釣り人が見た、尋常ではない数のイカの群。
次から次へと釣り糸へ群がるそのイカの狙いはもちろん。

「ムシの知らせ」の裏に霊の影」
普段は安全運転をする男が、何かに引っ張られるように走り抜けた黄色信号。
まさにその直後、男の背後では今も人の記憶に残る大惨事が…

「怨念の地獄ヶ原」
埋蔵金発掘に取り憑かれた男の家族を次々と襲う不幸。
ついに一人となった時、ようやく止めたが時すでに遅く。

「琵琶湖の幽霊ホテルのその後」
長年その姿を晒していたものの、ついに取り壊された幽霊ホテル。
しかしそれで怪異が治まった訳ではなく。

「新築マンションをおそう地蔵尊のたたり?」
マンション建設の際、退けられそのまま行方知れずとなってしまった地蔵。
その後マンション経営者一家を襲った不幸の原因は地蔵そのものではなく…

「台所に立つ妻の霊」
夫婦喧嘩で飛び出していき、夜中に戻ってきた妻。
お詫びだというその料理は夫にとって懐かしい味ばかりで…

「墓の悪相を告げる祖母の霊」
家族写真に写り込んだ、苦しげに歪む祖母の顔。
夢にまで必死に訴えかけて来た、ある事とは。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/240-121c6a91
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。