--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちの怖い話 ドライバー50人の恐怖体験 編著:北野翔一

2010年11月21日 22:32

全国のタクシーやトラックの運転手から聞き集めた恐怖体験。
彼らにとっては日常の一部でしかない、そんな怪異を五十二編。


「墓地から墓地まで乗って消える和服の女性」
雨の日の墓地に現れ、別の墓地へタクシーで向かうという和服の女性。
そこには、タクシー運転手の間でも知られている悲しい恋の結末があった…

「同じ場所で同じ幽霊を二度乗せた恐怖体験」
客を送り届けた家は葬式の真っ最中だった、ならよく聞く話。
しかし乗せた客と遺影の写真が別人だったうえ、もう一度会ったというのは。

「美人幽霊がタクシーを停める断崖上の国道」
事故で死んだ女性が目撃される、そのポイント。
美人なら幽霊でも見てみたい。そんな男心を打ち砕いたその姿とは。

「夜明けに漁師の亡霊が行く手を遮る細い道」
全員が行方不明になった転覆事故でただ一人遺体が見つかった男。
それほどまでに帰りたかった町で、仲間を守る為今も彼は。

「深夜に交通整理をする古い制服の警察官」
何か違和感を感じる、深夜に交通整理をする警察官の姿。
その指示通りアクセルを踏んだ車の行く手には。

「突然飛び出して大事故を起こす少女の幽霊」
居眠り運転による事故が多いとされるある地域。
しかし彼は見た。車の前に飛び出してきた少女を。そしてまた別の車に…

「カップルで通るとエンストする魔の踏切」
踏切で奇怪なモノに襲われ、間一髪の所で助け出された恋人達。
もう一度現場に出向いた男は、自分達と全く同じ状況に陥った車を見る事となる。


私たちの怖い話―ドライバー50人の恐怖体験 (勁文社文庫21)
北野 翔一
勁文社
売り上げランキング: 1187630

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/256-9b2c599c
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。