--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最恐!病院の怪談 編著:北野翔一

2010年11月26日 22:57

嘘か本当か、病院関係者の半数以上が体験しているという霊現象。
前作までの著書とかなりダブる、病院の怪異を八十九編。


「寝たきり老女と子猫」
先の長くない老女の為、特別配慮で持ち込まれた子猫。
紐をつけカゴに入れていた筈の猫が忽然と消えた後、急変した老女は…

「ミステリー・スポット「廃院」」
新しくできた最新式の技術を誇る病院に誰も通わない、その理由。
ついに閉鎖となった病院出る時、振り返った彼女が見たモノは。

「足音だけの幽霊」
真夜中の廊下を渡る、セカセカと歩く足音だけのモノ。
生きていた頃からプライドの高かったその足音の主は、死んでもなお。

「オペ室の怨霊」
医師に器具を手渡す、看護師の腕にしがみ付いたモノ。
看護師を恨んでいるのか仲間を欲しているのか、その両方か。

「婦長の幽霊が怖い本当の理由」
過労で死んだ後も職場に現れるという仕事熱心な婦長。
彼女に見込まれたナースは皆、仕事に打ち込めるようにさせられる…?

「純情ナースの妄執」
患者に対する一方的な恋に破れ、自殺してしまったナース。
以来、彼女はその男を探しているのか夜になると…

「お盆の夜に「あの世」へ」
盆が近くなると老人が死ぬと噂される病院。
呪いや祟り以上に、当人達がそう望む以上連鎖は続く…



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/261-4cf1b5a1
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。