--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京伝説 堕ちた街の怖い話 著:平山夢明

2010年12月07日 21:41

いまや霊より生きた人間の方が格段に怖い。
静かに確実に沈み逝く、都会の闇の狂気を三十編。


「エアコン」
熱帯夜に何度も止まる、一人暮らしの部屋のエアコン。
燃えるような熱さに目覚め、思わず開けた窓の外には。

「サンドイッチ」
同時期に空きとなった両隣の部屋にそれぞれ入居してきた奇妙な隣人達。
ある日唐突に始まった強烈な電波攻撃の、その訳はおそらく…

「削減」
馬鹿な行動を繰り返し、怪我が絶えなかった小学生。
中学・高校とさらにエスカレートしていった彼は、今。

「山の自販機」
深夜のドライブを楽しんでいた彼が捉えられた、罠。
身動きの取れなくなった彼の元へ、駆けつけてきたのは。

「仕返し」
プライベートで五股を掛けるほど精力あり余っていたAV男優に起きた異変。
付き合っていたうち、一人が仕掛けた静かなる復讐とは。

「メスモウ」
勝ち抜けば借金がチャラになると、債務者たちに告げられた相撲。
それは、二本の針と一本の糸を使った…

「カンナ」
深夜に侵入してきた男に迫られた究極の二択。
彼女が選んだのは、死は避けられるが2cmほど減ってしまう…


東京伝説 堕ちた街の怖い話 (恐怖文庫)
平山 夢明
竹書房
売り上げランキング: 50555

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/276-ce0f2859
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。