--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆるしてはいけない 著:平山夢明

2010年12月12日 23:51

霊より怖い、親しかった筈の隣人や家族。
雑誌掲載分に書下ろし十六編を加えた、身近な狂気を三十六編。


「冷蔵庫」
躁鬱の差が激しかったミュージシャンが冷凍室に保存していたモノ。
食べると気分が高揚するというソレはクスリでも何でもない、彼自身の。

「キレないカレ」
喧嘩をする度散歩に出かけ、戻る頃には機嫌が直っている彼。
別れを告げたその時も一度は出て行ったが、戻った時の彼は。

「登山」
友に誘われ、登った山で遭ったアクシデント。
助けに来た彼らが決してその手から離さなかったモノは…

「部室」
部室に居残り、他愛もないお喋りを楽しんでいた高校生の突然の奇行。
バットをめちゃくちゃに振り回す、彼女の狙いは…

「家族ハイク」
優秀な兄だけを可愛がり、落ちこぼれた妹を見捨てた両親。
ある日家族で出かけたハイキングで起こった事を、全て見ていた兄はその後。

「夜道」
突如声を掛けられ、殴られ、そして手当てした上で放置されていた彼女。
人間違いなのであろうと断定できる、その理由は。

「お泊り」
友達に誘われ、泊りに行った部屋には数人の同世代の子達が。
お喋りを楽しみ眠りについた彼女の身体に、翌朝ついていた傷とは。


ゆるしてはいけない (ハルキ・ホラー文庫)
平山 夢明
角川春樹事務所
売り上げランキング: 347464

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/283-de8e988c
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。