--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖箱 超-1 怪コレクション 女郎花 編:加藤一

2009年10月04日 10:37

超-1コンテスト 2009年傑作選。
今年もまた集結する凄絶な怪奇、四十三編。


「満月」
住人が次々と夜逃げする部屋。
残された部屋には、共通点が二つ。

「思い出してはいけない」
同窓会で蘇る学生時代の遠い記憶。
曖昧なその部分をまるで呼ばれるかのように一人ずつ思い出し、そして…

「町の散髪屋さん」
この手の話でよく目にする職業。
特に長年に渡り人に触れていると、色々と見えてくるのだろうか。

「プラズマ野郎」
超常現象全面否定派。
彼の言うところのプラズマを引っ掴んで剥いた話。…気の毒に。

「しみ」
「雪桜」

亡くした前妻の話、二題。
そのあまりの違いは、当人の気性かご主人の所為か。

「絵本をどうぞ」
子供にだけ見える、飛び出す絵本。
作者の狂気がそうさせるのか。


恐怖箱 超ー1怪コレクション 女郎花 (竹書房文庫)
加藤 一
竹書房
売り上げランキング: 54470
おすすめ度の平均: 5.0
5 誰もレビューをつけていらっしゃらないので・・・

著:
つくね乱蔵/せんべい猫/もけたろう/森久恩/山際みさき
へみ/北極ジロ/宇津呂鹿太郎/黒ムク/深澤夜

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/29-6e186112
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。