--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世にも不思議なコワ~イ話 編:ホラークラブ

2011年02月01日 23:24

旅先、会社、時に自宅で遭遇する科学では説明のつかない怪現象。
昭和の香り漂う、そんな怪異を三十四編。


「真夜中にすすり泣く老夫婦の白骨」
経営者夫婦がいつの間にか引っ越してからは、廃墟と化した閉鎖された民宿。
夜な夜な聞こえてくるというその声に、ついに取り壊された時そこには。

「合宿所の近くの海で出会った女の子の霊」
厳しい合宿の束の間に出会った、寂しげな女の子との約束。
ただ波打ち際を歩くだけの逢瀬を、他の部員たちは全て見ていた…

「玄関が血まみれになる木曜日」
木曜のその時間になると、病院の玄関にいつか間にか現れる血だまり。
その曜日その時間、思い当たる事はただ一つ…

「幽霊マンションでの事件」
長く空き地だったその地には、暗黙の了解があり子供達は皆それを守っていた。
やがてマンションの建設が始まり、禁が破られた時そこには噂通りの…

「仏壇の怒りに触れたマンション」
仏壇の上の部屋には重い物を置いてはいけない。
マンションではそうは言ってられないが、あまりにも騒々しい上階の住人に抗議したのは。

「亡者がおどしにやってくる」
一族の反対を押し切り、寺の出身ではない彼女と結婚した寺の跡取り。
何故執拗なまでに反対されたのか、それは彼女自身が身をもって知ることとなる…

「耳元でする不思議な声の謎」
旅行を楽しむ家族に囁きかける、祖母の声。
よほど寂しかったのか、家族が到着してもなおその周りをフワフワと。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/340-968bcf23
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。