--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背すじも凍る恐怖ミステリー2 編:ホラークラブ

2011年02月03日 23:22

ひたひたと背後より忍び寄る、恐怖の存在。
偶然か必然か不自然か、そんな怪異を三十四編。


「道端の石仏に残されていた恐怖の因縁」
まるで捨て置かれたかのように見えた、古ぼけた石地蔵。
旅の解放感からかつい持ち帰ってしまった男の家では、それ以来次々と。

「死んだ少女の霊が谷間から……」
娘の修学旅行先は、母もまた学生時代訪れた場所だった。
楽しげなスナップに紛れ込んだその顔は、忘れる筈などない…

「湖に写った無数の不気味な顔」
まるで石垣のようにびっしりと並んだ、不気味な顔顔顔。
とにかく寺に持ち込もうとあてもなく飛び出し、たまたま飛び込んだその寺には。

「教室に心中した二人の霊が現れた」
別々の事故で死んだのだと、学校側から説明された生徒達。
しかし、誰も信じてはいなかった。なぜなら二人は死んだ時の姿で…

「診療所に出現した女の首」
医師の居ない離島に出張した若い医師に付き纏う、女の霊。
島を離れることも出来ない彼女は、今もずっと待っているというのか…

「インドの邪霊に憑かれた伯父」
虎の皮の敷物を手に入れて以来、人が変わってしまった伯父。
果たしてその皮には、虎だけではないモノが。

「山に棲む悪霊と善霊」
山中で道に迷い、途方に暮れていた一行を崖へ誘ったのは間違いなく霊だった。
しかしどうにか逃げ出した彼らを山荘へ導いたのも、また。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/342-4b5c47e9
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。