--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖箱 怪癒 著:雨宮淳司

2009年10月18日 01:12

現役看護師が聞き集めた病院の怪談。
生と死に通暁する者だけが知る驚愕の怪奇、十編。


「拳骨様」
夢で告げられた通りの死に方。
それは予想を遥かに超えたモノだった。

「戻り蝶」
病院に入り込んできた小さな蝶。
やはり最強なのは、おばちゃんか。

「マンモ」
腕は良いが相当なスケベ。
他に難点はといえば、生きてない事か。

「網」
半日以上に渡る、金縛り。
彼女にとってそれは死を意味する…

「蛇の杙」
約70Pに渡り綴られた、ある呪われた一家の話。
誰も悪くない、一つの悲劇からそれは始まる。


恐怖箱 怪癒(かいゆ) (竹書房恐怖文庫)
雨宮 淳司
竹書房
売り上げランキング: 29607
おすすめ度の平均: 4.0
2 ちょっとダラダラした文が気になるかも?
5 素晴らしい
5 文句なしに面白い!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/35-a17bf332
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。