--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怖い話[呪われた旅] 編:ホラークラブ

2011年02月14日 23:30

旅先で出遭ってしまった恐ろしく奇怪な現象。
或いは待ち構えていたというのか…そんな怪異を三十一編。


「いるはずのないスキー客が写真に」
スキーツアーに一人で参加してきた男性客の気になる事情。
自然、添乗員と行動を共にすることの多かった彼はいつも…

「骨董品を取り戻しにきた骸骨」
沈没船から引き揚げられたというアンティークを購入した夫婦に付き纏う骸骨。
それでもそれを手放さず帰国した夫婦がその後どうなったのか。添乗員が知る由は無い…

「血の色の首飾りの呪い」
ツアー中に親しくなった二組の夫婦。
揃いで買ったという、その首飾りをつけたその夜妻たちは…

「知らずに乗ってしまった幽霊バス」
仕事の関係で、一人だけ遅れて現地についた彼女が乗り込んだ小さなバス。
一言も喋ろうとしない他の客に続き、彼女が降りたったその地は。

「霧の中で見つけた山小屋は死霊の墓だった」
グループから遅れ霧に囲まれた登山者が、前を行く人影を追い辿り着いた山小屋。
落ち着居ない一夜を過ごし、朝起きた彼らが見た物とは。

「古い教会で説教する幽霊牧師」
家族旅行中、探検を始めた子供達が潜り込んだ古い教会で見てしまったモノ。
まさにその日から取り壊しが始まるその教会には、ずっと。

「肖像画の中世貴族がベッドの脇に」
ヨーロッパの貴族が葬られる事を望んだという、古代墓地アリスキャン。
遠方から遥々運ばれてきた遺体の全てが眠っている訳ではなく、中には…



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/352-27f2c3a1
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。