--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

添乗員が語る! 旅先で体験した超怖い話 編:ホラークラブ

2011年02月18日 23:14

添乗員が、と言いつつ中身は殆ど旅行客の体験談。
前作までの焼き直しも混じる、そんな怪異を三十編。


「自殺した女性の亡霊が現れた」
誰も使おうとしない、従業員用の仮眠室に添えつけられたシャワールーム。
狭くて使いにくいだけではない、囁かれる噂とは…

「閉ざされたトイレ」
温泉旅館の片隅にあった、封鎖された古いトイレ。
針金でぐるぐると巻かれたドアは開く筈もなかったが、彼女は確かに。

「サンゴのリーフでの怪事」
海辺の洞窟探検を楽しみ、帰ろうとした恋人達を取り囲んだ黒い影。
その数は、その場所で過去に起きた悲惨な事故と一致していたという…

「ヨーロッパの古城の奇妙なイス」
残酷な独裁者が座ったとされる、意外に粗末な造りのイス。
その感想を口にした所為かそれとも勝手に座った所為か、彼女はその後。

「寝台列車の下着美人」
夜中、寝ぼけたているかのように下着姿でうろつく謎の美女。
その魅惑的な姿についつい後を追った彼が足を踏み出しかけたのは。

「神社裏で見た呪いの人形」
ツアーで回った神社で見てしまった、スギの気に打ち付けられた呪いの人形。
次の朝、たまたま目に留まった新聞記事のスギにまつわる事故との関連は…

「お堂の横に立つ雨の日の女」
雨の日になるといつもそこに居る、黄色いレインコートを着た女。
誰かを待つかのようなその手には傘を持ち、その傍には…



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/356-6407a0c4
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。