--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪談実話系 2 書き下ろし怪談文芸競作集 編:『幽』編集部

2011年03月20日 23:01

実話と創作の壁を取り払った競演集・第二弾。
実から創が生まれ創が実を呼ぶ…そんな怪異を二十一編。


「いきよう」
遠野へ取材に訪れた彼女に執拗に囁きかけてくる、何か。
歓迎してるのか拒んでいるのか、それとも。その言葉はどうとでも取れる…

「別れのきざし」
こじつけや気のせいだと、そう言ってしまうにはあまりにも不思議な行動。
不慮の事故や急な病というまるで予想のつかない事態に巻き込まれる前、人は。

「窓」
時折目が合う、隣接した病院の窓辺に立つ女。
部下が病院へ行くついでに、つい確かめてもらった彼が見たモノは。

「夢」
繰り返し見る、男に呼ばれる夢。
それまで必死で逃げていた、男が投げつけてくるモノをついに受け取ってしまった時。

「きんつば」
最期は何も口にすることが出来なくなった食道楽の老人。
いよいよ…の時に見せられた物に、残したのは言葉だけではなく。

「怪談BAR 2」
まるで都市伝説のような、来訪する日を告げる謎の電話。
何も知らない旧友を引っ張り込み迎えたその日、彼は…

「昨日の夢と今日の嘘」
結婚の約束までしていた恋人の突然の事故死。
残された彼女の元へ現れる彼は何が言いたかったのか。やがて時は過ぎ結婚した彼女には。


怪談実話系2(MF文庫ダ・ヴィンチ)書き下ろし怪談文芸競作集 (MF文庫 ダ・ヴィンチ ゆ 1-2)
安曇潤平、岩井志麻子、加門七海、木原浩勝、小池壮彦、立原透耶、中山市朗、森山東、平山夢明、福澤徹三、山田野理夫
メディアファクトリー
売り上げランキング: 167943

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/381-e3c9c5a5
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。