--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊がそこにいる 編:ミステリーゾーン特報班

2011年04月22日 23:14

日本の各地に点在する、怨念渦巻く心霊スポット。
決して近づいてはいけない…そんな怪異を百十三編。


「投身自殺の霊が現れる怪奇ホテル」
眠ろうとしても寝つけず、窓に背を向けようとしても何故か向いてしまうというその一室。
泊まってしまえば必ず見れる、窓の外には毎晩毎晩…

「毎年四人の犠牲者を出す「首なし地蔵」の踏切」
いつの頃からか、首が無くなってしまった地蔵が見守る踏切。
何故かその中央で動けなくなってしまった彼が見た、その姿とは。

「バスの転落事故現場に起きる異変」
かつて悲惨な事故があった場所で、仲間を呼ぶかのように起こる異変。
それは事故当時から既に始まっていたのかも知れない…

「幽霊屋敷の案内をかってでる老婆の霊」
誰も住んでいない筈の幽霊屋敷に侵入した若者達を案内してくれた老婆。
噂通りの不気味な室内を隅々まで堪能した彼らが、帰り際に見たモノは。

「中学校に車椅子を押す看護婦の霊が現れる謎」
元病院という訳でもないのに何故か語り継がれている幽霊の噂。
それは葬り去られようとしている哀しい記憶から成るものなのか…

「女性の入居者だけが餌食になる悪霊アパート」
全十室ある中で、何故か一室だけ回転の速いアパート。
男性は一週間で逃げだし、女性は全員が…

「深夜二時十五分「お化け寺」にあらわれる女霊」
毎晩同じ時間に現れ、同じ行動を繰り返すという女の霊。
人を驚かせるでもなく恨み辛みを吐く訳でもない、意外なその行動とは。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/407-4a9340b9
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。