--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々是怪談 著:工藤美代子

2011年04月26日 23:28

信じてない、と言いつつ何かと体験している著者自身の怪異譚。
見たモノ感じたモノそのままに淡々と書き綴る。そんな怪異を二十四編。


「中国娘の掛け軸」
旅先で何故か気に入り買ってしまった中国の掛け軸。
しばらく仕舞い込んでいたそれを、床の間に飾った次の日早速起きた異変とは。

「夫婦の秘め事」
結婚する時、夫には黙っていた不思議な体験。
しかし、旅先で出遭いそして付き纏ってきたソレは夫の眼にも。

「誰かの手が」
著者とその娘がそれぞれ体験した怪異の共通点。
場所も状況もまるで違う二人の元に、形として残った"手"とは。

「チャイムが鳴った」
早朝まで仕事をしていた著者が見た、家の前に立つ不気味な老婆。
それ以来、次々やってきたおかしな訪問者や電話は怪現象なのか。それとも当時世間を騒がせていた…

「行ってはいけない土地」
突然自殺してしまったという、知人の姉。
彼女が立ち入ってしまった"行ってはいけない土地"には、著者の姪にも覚えがあるという。

「聞き取れなかった言葉」
著者が遭遇してきた霊の中で唯一、喋ったという女の霊。
ただそれは肝心な場所が聞き取れず…

「魔性の人形」
何故か旅先で妙なモノを買ってしまう著者。
彼女が可愛いと思ったその人形を買うと告げた所、店主は…


日々是怪談
日々是怪談
posted with amazlet at 11.04.26
工藤 美代子
中央公論社
売り上げランキング: 777929

紀田順一郎氏との対談が追加された文庫版。
日々是怪談 (中公文庫)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/418-673beda1
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。