--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界史・呪われた怪奇ミステリー 著:桐生操

2011年05月05日 23:29

世界で起こった怪現象や超常現象、はたまた狂気に駆られた人の所業。
いつの時代にも人を引き付けてやまない、そんな怪異を三十二編。


「悪魔の足あと」
雪の上にくっきりと残る、片足だけの足あと。
村の一軒一軒を覗いていたかのようなそれは、果たして一体なんだったのか。

「暴かれた殺人犯」
一人暮らしの女性が殺された時、その部屋の中で一部始終を見ていた筈のモノ。
彼が実験に実験を繰り返し、確かな確証を持って法廷に持ち込んだモノとは。

「ベラ・レンツィの狂気」
次々と恋人が現れてはいつの間にか消えていく、恋多き女の家。
その地下に保存されていたのは歴代の恋人だけではなく…

「恐怖のキアラ」
不倫を楽しんでいた彼女が受けた、不死の病の宣告。
彼女が一緒に墓に収めて欲しいと夫に頼んだモノは、とんでもないものだった…

「クロンベルク旅館の殺人」
旅人を殺してはその金を奪っていた旅館に、今も留まり続ける犠牲者達。
その中には、最後の客と共に死んだ経営者夫婦の姿もあるという…

「秘宝を守る幽霊」
奇妙な縁で知り合い親子同様の間柄となった、元海賊と美しい娘。
海賊がどこかに隠したとされる財宝を守る娘は、幽霊となって今もずっと…

「幽霊になっていた恋人」
親に交際を反対され、引き裂かれていた間に死んでしまっていた恋人。
何も知らない彼女の元へ現れた彼が、連れて行こうとしたのは…


世界史・呪われた怪奇ミステリー (PHP文庫)
桐生 操
PHP研究所
売り上げランキング: 619922

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/426-29a5d22e
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。