--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪奇探偵の実録事件ファイル2 著:小池壮彦

2011年05月19日 22:28

アンビリーバボーにも出演した怪奇探偵の怪異報告書・第二弾。
巷で噂される怪談の真相を追う…そんな怪異をここに十編。


「謎の人骨火葬事件は七人坊主の祟りか?」
誰が何故置いたのか、鍵の掛かった火葬場内で発見された七人分の人骨。
その数から当時噂された「七人坊主の祟り」とは、一体なんだったのか。

「伊豆半島最後の秘境「しらぬたの池」の怪異」
車も入れない奥地にある「しらぬたの池」にある謎の墓標。
四人が急死した事実のあるその池を訪ねた著者が見たモノとは。

「午前二時の花嫁の謎は解けるか?」
古くからある学生寮に突如現れ、その後も目撃談が相次いだ花嫁姿の女の霊。
床下に死体があるでなく、古井戸を埋めた訳でもないその地で、何故幽霊が出るというのか。

「少年霊が事故をいざなう「じゅんいち君道路」の謎」
同じ名の少年が三人死んだ、という怪談でお馴染みの奇妙な看板。
もはや事故を知る者も少ないその地で著者が見た真実とは。

「忘れられた祟りの現場、池袋「四面塔」」
誰もが口にする事すら恐れ噤むうち、そのいわくを知る者がいなくなった「四面塔」
知る者がいなければ怪談も生まれない。かつてその地では…

「巨大観音に込められた昭和の祈り」
千葉・松戸の国道近くにそびえたっていた巨大な観音像。
様々な噂が飛び交い、そして取材直前に撤去された観音の製作者とその訳とは。

「幽霊を科学的に説明できるか?」
一度に三十六人もの女生徒が溺れ死んだ三重県の海での事件。
亡霊が足を引っ張ったという証言もある中、様々な角度から科学で検証された結果は…


怪奇探偵の実録事件ファイル〈2〉
小池 壮彦
扶桑社
売り上げランキング: 506087

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/437-eef97219
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。