--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の幽霊事件 著:小池壮彦

2011年06月02日 23:18

日本で実際に起きた、謎の怪奇事件と語り継がれるその記憶。
いつしかすり替わっていくその真実を深く掘り下げた…そんな怪異を十三編。


「軍都赤坂のメイド霊」
戦後間もない兵舎を脅かせた、幽霊騒ぎ。
厳しい訓練の果ての姿であろう日本兵とは異なり一際異彩を放つ、女性霊の正体とは。

「八百屋お七の足音が聞こえる」
不審な足音に警察が乗り出したことで信憑性を得、NHKが取材した事でさらに拍車が掛かった幽霊騒ぎ。
すっかりお七として定着したその怪異はしかし、誰一人姿を見た者は無く。

「お初殺し」
義理の両親に殺され、バラバラにして川に捨てられた哀れな娘。
その死体が初七日に上流で見つかったのも、警官が両親の背後に見たというモノも、すべては彼女の無念からか…

「魔が呼ぶダム」
僅か一ヵ月の間に十人以上もの水死者を出した事がある、多摩川ダム周辺。
不可解な事故も一つや二つではなく、何人かは見つかっていないというその地には何が…

「水の女と、魔の淵と」
まっすぐな橋で何故か多発する車の転落事故。
突然ハンドルを切り欄干を突き破った彼らは一体何を見たというのか。

「追ってくる屍体」
今や都市伝説と化した、半身を切断された者に追いかけられるという怪談。
その昔、列車に轢かれ川に落ちた遺体を回収していた警官達が経験した異変とは…

「三姉妹心中事件」
母親に絶望し、死を選んだ四姉妹のうち三人の姉妹。
何故三女だけを残したのか、その川で目撃されるという少女は彼女達なのか…


日本の幽霊事件 (幽BOOKS)
小池 壮彦
メディアファクトリー
売り上げランキング: 49469

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/448-1daf9ea3
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。