--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もののけ物語 著:加門七海

2011年06月11日 22:50

著者が出逢い手に取り、時には購入した物に宿るモノ。
呼ばれてしまったり時には拒否されたり…そんな怪異を三十四編。
奇妙な日々を綴った怪談徒然日記も。


「堆朱の香筒」
旅先で一目惚れするも、買う事の叶わなかった一品物。
その後何度も訪れたその店で、再びその香筒に出会えたのはなんと。

「銅鏡 四分の一」
仕事の資料としてネット・オークションで購入した、四神の彫られた一枚の銅鏡。
レプリカとは思えない丁寧に磨かれたそれには、何故か朱雀が二匹…

「呪いの本?」
知人が経験したという、捨てても捨てても戻ってくる謎の本。
何故かゴミ捨て場から拾い上げるのは、まったくそのジャンルに興味に無い筈の。

「おもかるの謎」
状況によって重さが変わる石、というのはよく知られた話。
しかし神社には、一般人の知らない知らされない重さが変わる物が他にもあるのだという。

「恐怖の穴」
著者が見た、恐ろしい洞窟二つの話。
そこにあったのは、生者がこつこつと造り上げたモノ。生者が放置しつづけているモノ…

「夜遊び好き……らしい」
閉鎖的な小さな村にあった、拝殿の造りが一風変わった神社。
本殿にあるさらに変わった階段は何に使うのかというと…

「でてこーい!」
呼ぶと出る、という伝説のある溪谷の大岩の穴。何かがいそうな洞窟の奥。
つい、呼んでしまった著者が感じたモノとは。


もののけ物語 (幽BOOKS)
もののけ物語 (幽BOOKS)
posted with amazlet at 11.06.11
加門七海
メディアファクトリー
売り上げランキング: 105164

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/455-b4ee3062
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。