--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲川淳二のすご~く恐い話 PART IV 著:稲川淳二

2011年07月05日 22:59

眠れない夜に稲川淳二が贈る、怖~い話第四弾。
読んでしまえば抜け出せなくなる…そんな怪異を十七編。


「第1話 悪魔が来る」
近所の人に連れられて会う事となった"生き神様"
その異様さに逃げた彼女を追うかのように襲い掛かる異変と、別の霊能者が見たモノとは…

「第3話 渋谷松濤の豪邸」
誰も棲んでいない豪邸で行われたロケでの異変。
最後に振り払うかのように言った、軽口を受けたあるタレントのマネージャはその直後。

「第4話 落武者の鎧兜」
迷信など気にしない男が気に入り、買い求めた古い鎧兜。
しかし母親のあまりの拒絶に返す事に決めた男が、その道中で見聞いた事とは…

「第9話 ドライブインの鏡」
夜中の二時に覗き込むと、死ぬ前の顔が見れるという廃墟となったドライブインの鏡。
その中学生が見たのは、何の変哲もない自分の顔だったが…

「第10話 お・ざ・わ」
あちこち歩き回り、倒れ込むように眠っていた営業マンのベッドに腰かけてきたモノ。
彼の名を呼ぶ、その声は…

「第14話 旧家の首吊り屋敷」
元は廃墟から移築した物だという旧家の別棟。
その立派な梁からは夜中、不気味な音と…

「第16話 雨宿り」
急な雨に降られ、つい飛び込んだ大きな屋敷の廃墟。
立ち入り禁止の紐を無視し、どんどん中に入っていった彼らが見たモノとは。


稲川淳二のすごーく怖い話〈PART4〉 (リイド文庫)
稲川 淳二
リイド社
売り上げランキング: 943423

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/473-566db88f
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。