--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとり百物語 闇より深い闇 怪談実話集 著:立原透耶

2011年07月13日 23:54

「視える」著者が語る、自らと知人の体験談を綴った百物語・第三弾。
作家や音楽関係者など多彩なジャンルから集った怪異をここに、百編。


「第八夜 赤いハイヒール」
隣のマンションの駐車場から、夜中に響くハイヒールの靴音。
近づきも遠ざかりもしないその音に、窓からカメラの望遠で覗いた著者が見たモノは…

「第二十八夜 一緒に卒業しよ」
時折校内で目撃される、不運な事故で亡くなった小学生。
同学年の生徒にしか見えないという彼は、同級生たちと共に…

「第三十一夜 ポチ」
夢の中で何故かポチと呼びかける、見知らぬ男。
恐らくは彼の父と間違えたのだろうという祖母曰く、それはポチではなく…

「第四十四夜 金縛り 其之一」
ある時間に眠ると金縛りに遭う、そんな法則を見出したとある学生。
その日もまた、その時間が過ぎるのをじっと待っていた彼女が見たモノとは。

「第六十夜 差し伸べる手」
改装祝いに集まった親戚を撮った写真に写り込む、奇妙な腕。
生まれて間もない赤ん坊に延びる、その腕のうち二本は彼の物だが…

「第七十六夜 見えない運転手」
くねくねとした道が続く山道ですれ違った、一台のトラック。
奥さんには見えなかった運転手が、その男にはちゃんと見えたがしかし…

「第九十九夜 メールをもらうと」
本名を掲載してよいかどうかの確認メールが届いた時、眠っていた提供者。
その部屋ではその時もう一つ、覚えのないある物が動作していたという…


ひとり百物語 闇より深い闇怪談実話集 (幽BOOKS)
立原透耶
メディアファクトリー
売り上げランキング: 517

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/478-7909779a
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。