--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怖い本(5) 著:平山夢明

2009年12月03日 23:57

すべて再録を終え、四巻で終わる筈が…
終息する事も無く溢れ続ける怪奇、四十二編。


「腐敗の家」
ありえないスピードで腐敗が進む家。
食べ物も、家も、そして人も…

「帳尻」
助けた犬に助けられ。
律儀にその時を待っていたのか、たまたまか。

「代わり」
修理の間に代替品。
車や携帯ならよく聞くが、これは…。

「百均本」
古本屋で買った本には。
最初に売った人は知っていたのかどうか。

「魂手箱」
男児が産まれた時に作り、死ぬまで大事に保管されるという箱。
決して開けてはいけない。だがそう言われると…

「疑問形」
中古で買ったパソコンが打ち出す言葉。
変化したソレを、前向きになったとみるか疑問形とみるか…


怖い本 5
怖い本 5
posted with amazlet at 10.01.17
平山 夢明
角川春樹事務所
売り上げランキング: 138152
おすすめ度の平均: 5.0
5 待った甲斐があった!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/49-32b14b9d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。