--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲川淳二のここがコワインですよ 著:稲川淳二

2011年08月03日 23:46

雑誌「ハロウィン」に掲載された怪談を収録した一冊。
コワイ話を語れば右に出る者は居ない…そんな怪異を小説が三十五編、漫画が六編。


「子供の足音」
もう誰も居なくなった村の、古い民家に泊まった著者が見つけた子供の玩具。
夜中ずっと走りまわっていた子供の霊が探していたのはその玩具なのか、それとも…

「肝だめしの話」
若い頃、友人と出かけた旅行先で行った肝だめし。
人の気配に飛び出した、脅かし側に回った著者が見たモノは…

「「たけし城」で怪現象!?」
レギュラー出演していた番組のセットに著者が見た、不吉なモノ。
"おまじない"が効いたのか、その後起こった二度の事故にも幸いにして…

「母の愛」
まだ小さい子供を残して入院し、重態となった母親の最期の行動。
開いていた窓から帰ってきた彼女が付添いの友人に説明した通り、その頃自宅では。

「幽霊が呼びにくる!?」
ある朝自宅の塀の向こうに現れた、子供の時に死んだ友人。
次の日彼は塀の内側に入り、さらに次の日は目の前に立ち、そして…

「裁判に勝った幽霊」
船の事故に遭った男がその死の瞬間に妻の元へ戻り、そして遺した子供。
妻は夫と自らの名誉を守る為、裁判を起こし…

「隠されていた人形」
越してきた部屋に最初から置かれていた、大きな箪笥。
泊まりに来た友人が皆見たという、何かを探し続ける男の霊が探していたのはその箪笥の…


稲川淳二のここがコワインですよ (ハロウィン・セレクト文庫)
稲川 淳二
朝日ソノラマ
売り上げランキング: 683989

漫画:杉山祐子

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/494-da438dcb
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。