--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新・稲川淳二の怖い話 著:稲川淳二

2011年08月24日 23:59

稲川淳二が贈る、最恐の怖ーい話。
全て新作とありながら見知った話も混じる、そんな怪異を十二編。

「お婆さんの忘れ物」
深夜、人気のない県道で出遭い家まで送り届けた老婆。
彼女が助手席に忘れていた、ガラゴロと音のする物の正体とは…

「2本の足だけが歩いて」
サイクリング中の若者が、雨に降られて飛び込んだ山の中の廃墟。
そのまま一夜を過ごす事となった彼らが深夜、そして朝になって見たモノとは。

「深い淵で遊ぶ少女」
林間学校にいつの間にか紛れ込んでいた、見知らぬ少女。
誘い込まれた生徒が溺れるの見て、飛び込んだ教師にしがみ付いて来たモノは…

「バーに名詞を残した客」
閉店間際のバーに現れた、ママの知り合いだという男。
彼女によろしくと告げ、名刺を残したその客を確かにママはよく知っていたが。

「黄色いトンネル」
哀しい事故があったトンネルを走るバスに乗り込んできた、白い服の女。
彼女が事故を起こし、そして死んだその日どうしても行きたかった場所へ行く為に…

「釣り人のワゴンを覗く男」
夜釣りを楽しむ男の元へ近づく、ゴム長靴の足音。
音と光しかなかったソレに慌てて車に逃げ込んだ彼を迎えた友人は、見た…

「ミステリーナイトツアー会場にて」
怪談ライブ中、時折起こるという"演出"
その日も話に熱の入る著者の意図しない箇所で、会場がざわついていたのは…


最新 稲川淳二の怖い話
稲川 淳二
メディアックス
売り上げランキング: 1022650

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/506-35e69b4c
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。