--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怖い本(7) 著:平山夢明

2009年12月06日 12:37

平山夢明が書き下ろす、実話怪談本第七弾。
今年もまた続々と押し寄せる、収まりきれぬ怪奇四十一編。


「心霊さん、いらっしゃい!」
廃墟や事故現場等を収めたビデオに付けられたタイトル。
招いたからには。

「浜」
誰もいないのには訳がある。
地元の人間の忠告を、軽んじてはいけない。

「おかわり」
関係者が立て続けに四人。
危うい所で助かった五人目の記憶から消えた、その仕事とは一体?

「猫が好き」
猫が好き、なモノ。
責任をとる為に友人は出てきたのか。

「自転車おばけ」
車の進入事故が多発する遮断機の無い踏み切り。
運転手の証言には共通点が…

「すし詰め」
旅先で宿を借りた海辺の寺。
朝、彼の身に起こった異変とは。


怖い本 7 (ハルキ・ホラー文庫 ひ 1-12)
平山 夢明
角川春樹事務所
売り上げランキング: 200920
おすすめ度の平均: 4.0
3 平平凡凡
5 狸ばなしから百ケン風不条理、方言まで 野心的試みがぎっしりの「聞き取り」怪談

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/51-1a846b89
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。