--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲川淳二の最新・超怖い話 -霊怪- 著:稲川淳二

2011年09月07日 23:02

稲川淳二が送り出す、薄めの怪談本・第四弾。
やはり既出の話ばかりの、そんな怪異を十六編。


「第一話 3年A組」
卒業後初めて行われた同窓会で開かれた、願い事を込めた箱。
クラスでただ一人、早くに死んでしまった彼女の願いを見てしまった彼は…

「第三話 地下通路」
ある日病院内で突然と消えた、若い看護士。
彼女の幽霊を見たという噂のある一画に隠されていたモノとは…

「第六話 おばあちゃん」
急に亡くなるその前日に、老婆が家族に訴えていた居る筈のないモノ。
彼女が大勢いると言っていたソレはお迎えか前兆か…

「第十話 深夜のマンションで遊ぶ子供」
降りてくるエレベーターの箱の中から聞こえてきた、楽しそうな子供達の声。
開いた扉の中には誰も居なかったが、その後そのマンションに住む友人の元へ…

「第十一話 メイクさんの助手」
顔面に派手な傷を負い、包帯ぐるぐる巻き状態で自宅療養していたメイク助手。
あまりに暇でホラー映画を見ていた彼女の部屋のドアを叩いたモノとは…

「第十二話 放映されない映像」
関西ローカルのレギュラー番組で、録れてしまった心霊現象。
誰が見てもはっきりとわかるソレは、放送する事も出来ず未だ眠っているという…

「第十四話 塹壕の中の兵士」
インドネシアで行われた激戦の合間に、ふと訪れた静寂の瞬間。
その時彼が話しかけていた隣の兵士は、実は…


稲川淳二の最新・超怖い話―霊怪 (ザ・テレビジョン文庫)
稲川 淳二
角川書店
売り上げランキング: 709829

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/515-eadcb1ab
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。