--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲川淳二の怖すぎる話 北側の扉が鳴る 著:稲川淳二

2011年09月14日 23:54

稲川淳二が送り出す、自身の体験や芸能界の怖い話。
眠れぬ夜に極上の怪談を…そんな怪異を十五編。


「帰りのタクシー」
家へと向かい、歩きながらタクシーを探していた男の前に現れた老夫婦。
二人と別れ、タクシーに乗り込んだ後、運転手に知らされた事実と彼が見ていたモノの符合とは。

「北側の扉が鳴る」
祖母に何度も聞かされたという、北側の扉が鳴るその理由。
祖母自身のその時も、やはり扉は…

「クボさん」
取材で出かけた先の会社で、取ってしまった奇妙な電話。
告げられたその名前を著者は知る筈も無く、またその電話は…

「吹上トンネル」
過去、無残な事件があったトンネルで著者が出逢った奇妙な二人連れ。
トンネルを引き返した著者達を出迎えたのは、先ほどは絶対になかった筈の…

「撮影事故」
真上から撮影する為登った屋根から落ち、不幸にして亡くなったという助監督。
それでも続く撮影中監督に起きていた小さな異変と、その撮る筈だったシーンで役者が見たモノとは。

「旧伯爵家の別邸」
心霊スポットへ向かう途中、立ち寄った店に忘れてしまった携帯電話。
店へ問い合わせる為、電話ボックスに入った彼が見てしまったのは…

「四国の病院」
ベッドの向きに違和感を感じる、とある病室。
自分で向きを変えた時見えた、ドアの上の天窓から覗く女の正体とは…


稲川淳二の怖すぎる話―北側の扉が鳴る (竹書房文庫)
稲川 淳二
竹書房
売り上げランキング: 301414

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/518-7ee08036
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。