--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖箱 超-1 怪コレクション 金木犀 編:加藤一

2011年09月30日 23:10

超-1コンテスト 2011年傑作選。
埋もれる事をよしとせずその存在を主張する、そんな怪異を四十四編。


「噴出」
車の前にじっと佇んでいた、頭の大きな見知らぬ男。
さらに大きく膨らみ赤い液体を吐き出したその男の正体は…

「兆し」
春にしては妙に暑い田舎道を祖父と歩いていた少年が出遭った、異様なモノ。
孫に決して見せようとはせず遠回りして家に戻った祖父はその正体を知っていたのか、その後…

「見える聞こえる」
見える人と聞こえる人、その見解の相違。
義母が傍で優しく微笑んでいると、見れる彼女が言うそれは聞こえる人には。

「愛娘」
夜、一人で働く男の前に現れた幼くして亡くした娘。
次に現れた時、少し成長していたその姿に男はさらに次を期待したが…

「四人組」
ある状況下に出遭った時、必ず見かける奇妙な四人組の男。
他の人には見えていないらしいそのうちの一人が、まず彼に気づいた…

「僕らはそこを通らない」
子供が近寄る事はおろか目にするのも嫌がるという、とある路地。
自転車の後ろにいた娘に起こった出来事と、それを知った息子が友から聞いたという対処法とは。

「形見分け」
形見分けで貰ったソレを、親戚の彼女は黒真珠だと言った。
その次の形見分けでソレを貰った人は琥珀だと言い、さらに次の人は…


恐怖箱 超-1怪コレクション 金木犀 (竹書房恐怖文庫)
加藤 一
竹書房
売り上げランキング: 1441

著:
戸神重明/三雲央/つくね乱蔵/宇津呂鹿太郎/ねこや堂/イスカ/高野清華/神沼三平太

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/526-e2df2c2a
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。