--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖体験 私は性霊に犯された 2 著:朝倉三心

2011年11月05日 12:05

老いも若きも男も女も関係なく、襲い掛かる性霊との体験談・第二弾。
昭和の香り漂うエロい怪異を、ここに十五編。


「セーラー服の女子高生に「露出せよ」と命令する怨霊」
訪れた女子校生を弄び、虜にさせる庭の一角。
屋敷の主だけが知る、その土地に祀る因縁とは…

「幽霊とスワッピングした中年夫婦」
深夜約束した時間を随分過ぎてから訪れた、交換相手。
異様に冷たいその身体からもたらされる快楽は、まるでこの世のものではないような…

「男女の性を狂わせる魔性の絵」
手に入れた者を次々と狂わせる、魔性の絵。
ついに霊能者の元へ持ち込まれたその絵の最期とは…

「古木の妖精に気をしぼりとられた青年」
一度は首吊りを図るも死にきれず、古木の精に救われた青年。
そのまま木の元を離れる事のなかった青年が発見された時…

「ゾンビに襲われた開拓地の娘」
夜這いに失敗し、窓から落ちて死んだ男の執念。
まだ土葬だったその地で彼は、じっとその時を狙っていたのか…

「病院長の首なし死体に襲われるホステス」
バラバラ殺人事件の犠牲となり、頭だけが見つからない恋人を忘れる事の出来ない女。
毎晩恋人の名を呼び飲み明かす彼女の前に現れたのは…

「女体に侵入し絶頂感をもたらす「五八寸」」
元は上等であったであろう着物を羽織り徘徊する、女ホームレスがそうなってしまったその理由。
彼女の故郷では「五八寸」と呼ばれる生物との体験とは…



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/542-67dca095
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。