--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実録怪譚 忌魂ノ書 著:幽戸玄太

2012年05月05日 12:29

次世代の語り手が送り出す、怪異譚第二弾。
怪談に慣れた者でも戸惑うような…そんな怪異を三十五編。


「頭のネジ」
自慢の長い黒髪から転がり落ちてきた、ネジ。
その後も何度か現れたソレは、その本数に比例して…

「午後の午睡」
いつのまにか携帯の容量いっぱいまで撮られていた、寝顔の写真。
誰が撮ったというのか、引きで写されたモノとアップで写されたモノには…

「死者との約束」
柩の中の親戚からの呼びかけに、とっさに口から出た「断る理由」
何時まで有効なのか、そろそろ時期なのか…

「途中下車」
一度も降りた事のない駅で飛び込んだ、和式のトイレ。
壁にかかれた落書きと、その矢印の先にあったモノとの関係とは。

「台所の人影」
幼くした母を亡くした子供が縋り付いた、台所に立つ黒い人影。
ただ優しく抱きしめてくれるそれを彼は母親だと信じていたが…

「これだけは伝えたい」
自殺した友人が残したと思われる、覚えのないファイル。
記されていた意味の解らないその一文に、とりあえずは従ってみたものの…?

「うつる体質」
学生時代、一つ下の学年で話題となりそして彼を悩ませた奇妙な現象。
当人も認めざるを得ないほど明らかなソレは、一度ならずその後も度々…


実録怪譚 忌魂ノ書 (恐怖文庫)
幽戸 玄太
竹書房
売り上げランキング: 1475

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/561-c6f763de
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。