--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院でほんとうにあった怖い話 編著:OFFICE-SANGA

2012年08月05日 10:30

実に四年振りとなるOFFICE-SANGAの著書。
病院を舞台とした怪異を、ここに三十編。


「第一話 父の死を看取った猫」
一番可愛がっていた父の入院と同時に姿を消した猫とその子供。
事実を告げられない家族に対し、父が言うには…

「第五話 消えない電子カルテ」
医療ミスの証拠が残る、電子カルテ。
消しても消しても復活するデータに、ついにパソコンを破壊しようとした医師は…

「第十一話 天井からのっぺらぼう男が…」
病と闘う幼い女の子が怯える、「おじさん」の存在。
発作に苦しみ泣き叫ぶ彼女を宥める看護師が見た、その存在とは。

「第十二話 病室の枕元で、黒髪の日本人形が動いた!」
幼い姪によって持ち込まれ、断ることの出来なかった不気味な日本人形。
そもそもが拾ったものだというそれは、夜…

「第二十二話 「足りない……」ユタが語った亡き父の言葉」
突如倒れ、手術の甲斐なく亡くなった父親。
ユタの口を借り、どうしても訴えたかった事とは…

「第二十五話 霊安室に呼ばれる女」
初めて行った病院では必ず迷い、霊安室に辿り着いてしまうという彼女。
ならば自分から行ってみようとした彼女が見たものとは…

「第三十話 霊能者が取材拒否の病院」
心霊番組によく呼ばれる霊能者が二度と行かないという病院の廃墟。
虫の一匹もいないその内部で彼らが遭遇してしまったのは。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/578-ad9500cd
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。