--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の心霊写真 カメラがとらえた幽霊たち、その歴史と真偽 著:メルヴィン・ウィリン 訳:小林真理 解説:木原浩勝

2012年08月12日 18:55

エクトプラズマ・キルリアン・念写・そして幽霊。
偽者と判明してる物もそうでない物も、比較的古い写真を中心に六十七枚。

「魂への信仰」
手術中の患者が死亡した瞬間だという写真には、とっても判りやすい姿をした物が。

「猫のティンカーベルには見えるもの」
猫から出てるのかそれとも引っ張っているのか、不気味な赤い光。もう一匹が気づいている様子のないソレは。

「操縦席に座る幽霊」
展覧会に展示されていたヘリの操縦席に写る人影。果たしてこの機は戦争に使われたものなのか。

「眠っている幽霊」
ソファにもたれ、毛布まで纏っている透けた人影。整えた眉まではっきり見て取れるその正体は?

「ベールの中の謎の手」
初聖体拝領式の娘を写した写真には、指輪をしているように見える手がまるで…

「パーティに現れた巨大な顔」
少し間をおいて撮影された二枚の写真。何故か二枚目だけわざわざ空けたように見える隙間には巨大な顔が…

「階段に出現した幽霊」
有名なレインハム・ホールの階段での写真。彼らは幽霊を眼で見てからこの写真を撮ったのだという。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/583-b9f2e13d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。