--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真説 稲川淳二のすご~く恐い話 閉ざされたブラインド 著:稲川淳二

2012年08月18日 22:31

稲川淳二が贈る恐~い話を十四編。


「第一話 演劇集団」
宿の使われてないような部屋に入り込み、打ち上げを楽しんでいた劇団員が聞いた声。
隣の部屋の客かと思っていたその声は…

「第三話 ミシン」
夏休み、皆が帰省し一人だけになってしまった寄宿生。
改装工事が入るため、今は使われていないふるい寄宿舎へ移った彼女が見たモノとは。

「第六話 宇野君のアパート」
以前、人が焼死したという家賃の安いアパート。
夜中、窓に張り付く黒い人影は中を窺っているのかと思われたが…

「第八話 閉ざされたブラインド」
越したばかりの部屋から見える、常にブラインドが下ろされた向かいのアパートの部屋。
同僚曰く、その近所に霊の出る部屋があるらしいが…

「第九話 キャンプ場」
友達と出かけたキャンプ場で出会ってしまった、警察と女の子の霊。
偶然か必然か、その女の子は実は…

「第十一話 樹海最後の写真」
樹海で見つかった遺体の傍に落ちていた、使い捨てカメラ。
死ぬ前に撮ったであろう、たった一枚の写真に写っていたモノとは。

「第十四話 待っていた友」
同窓会に来なかった友人からの呼び出しの電話。
既に廃校となった小学校で待っていた彼は、トイレに行ったまま戻ってこなかったが。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/584-7e6c4274
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。