--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代百物語 因ル話 著:西浦和也

2013年01月03日 19:48

九十九編から成る、百物語。最後の一話は…

「第十話 くだん」
枕元に立った「くだん」が言い残した予言。
次の日彼が見たのは、その言葉通りの…?

「第十五話 ふざけんな」
道端に供えられた花束に、つい同情し手を合わせた彼女に付いて来たらしいモノ。
若くて死んだらしいソレが訴えてくるる、その内容とは。

「第二十話 ウマソウダナァ」
送り盆の一日の食事が特別である、とある理由。
それまで仕切っていた姑が亡くなり、初めて任された彼女が作った料理を見た親族の反応とは。

「第二十九話 大漁旗」
披露宴の場で新郎新婦の背後に何故か見えるという、大漁旗。
その旗が力強くなびけばなびくほど、その夫婦は…

「第四十一話 期待はずれ」
修学旅行で訪れたホテルで目が合った、男の子の霊。
彼がそこに居続ける理由とその時見せた表情の理由とは。

「第七十三話 風呂のない部屋 その一」
「第七十四話 風呂のない部屋 その二」

風呂が使えないと告げられた、ホテルの一室。
中から聞こえてくる物音に、ドアを開けてみた所…

「第九十八話 おたのしみ」
殺人事件のあった部屋に短期間住む、サルベージと呼ばれるバイト。
幽霊を見ても約束の期間を終えても、退去するのを惜しむ事となったその訳とは。



乱丁が…初版以降は直るのか?

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/600-56d56b92
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。