--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒカリゴケ国沢一誠の恐怖実話 憑いてます。 著:国沢一誠

2013年01月07日 22:01

すっかり心霊タレントとして定着した国沢一誠の怪異譚。
どこかで聞いた様な怪異を四十二編と、TVで何度か披露した心霊写真を白黒で二枚。

「完璧な彼氏」
異様なまでに香水臭い、彼氏の部屋。
開けようとした窓の桟につまって居たモノと、香水の瓶が詰め込まれた押入れから出てきたモノとは。

「赤の他人」
彼女の行く手を何度も阻む、不気味にニヤニヤ笑う男。
ついに部屋に現れ慌てて逃げ出した後、そのマンションでは事件が事件が起きていたが。

「同居人」
部屋に十四人もの霊が居ると言っていた恋人の自殺以来、霊感が移り見えるようになった男。
男もまた自殺を遂げた後、残された今の彼女に見えるのは…

「パパの伝言」
父親の死を理解できない幼い子への伝言。
火葬場でずっと父が「やめて」と訴えかけている事とは。

「正夢」
何度も見た夢の通り、目の前で起こった赤い車の事故。
事故処理の後、家族で出かけた先で写した写真には…

「学校に行ったけど……」
クラスメイトにも先生にも全て無視され、帰宅しても家族が居ない状態で2日過ごしたという彼女。
給食の時間はどうしてたのか?その頃実は彼女は…

「晴れ姿」
成人式の会場で見た、汚れた姿で羨む女。
彼女の名を呼び彼女と同じ顔をしたその女は、彼女も知らない…



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/603-69f3f298
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。