--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実話怪談 顳顬草紙 歪み 著:平山夢明

2013年01月21日 21:51

狂気とも霊とも分類しがたい、歪みという名の怪異を三十八編。

「次は殺す」
布団で寝ていたはずなのに、気がつけば冷蔵庫を漁っていたという女性。
自らを手錠で固定した朝、彼女が見た物とは。

「さかさ」
何度も見る、自室の畳から奇妙なモノが生えている夢。
少しずつ出てくるソレを彼は引き抜こうと試み、そして成功した次の日。

「ぬける」
時折、物が「抜ける」事があるという男。
始まりはスプーン曲げだったという彼が、自身を「抜けさせてしまった」次の瞬間。

「妄夢」
病弱な彼女が失神した時に見る、何時も同じ場面から始まる夢。
夢だと解りきってる彼女は人の家に入り込んでは泥棒を繰り返すようになり、同じ場所に隠していたが…

「ヨシオカくん」
彼女の怪我や病気に度々関わる事となった一人の男。
一度目は間接、二度目は直接、三度目に会った時は…

「腕の魂」
蜂に刺され寝込んでいた少年が感じた、伸びた腕で触れた外の感触。
ならばと次に狙いを定めたのは、隣に住む一人暮らしの女性だったが。

「月に行く」
満点に近いテスト結果と、ぱっとしない結果を行ったり来たりする級友の秘密。
何度もソレを繰り返していたという彼は、協力者である母の病死後も…?



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/605-6dc3a70a
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。