「超」怖い話ベストセレクション3 懺骸 著:平山夢明

2013年04月28日 08:26

じっとり怖い、実話怪談傑作選第三弾。
新作五編を加えた怪奇をここに七十五編。

「地獄になります」
金貸しが借金の形に取り上げた古く汚く、家賃の安いアパート。
次々と住人が死に、金貸しの恋人もが病に倒れた時現れたお坊さんが言うには。

「ドンとしたもの」
雨風の強い中、携帯を操作して歩く彼女にぶつかってきた何か。
傘を飛ばされた彼女が見た、目の前の光景とは。

「山便」
深夜の山中で、ノックに返答があるにも拘らず静まり返っていた広場のトイレ。
しかたなく入った明かりのつかない山小屋のトイレで彼女が見たモノとは…

「塩漬霊」
奇行を繰り返し、やがて自殺した引き篭もりの妹の部屋。
失業し実家に戻った姉は、その部屋に住む事となったが…

「似顔絵」
戦争中、占い師に言われたという禁忌を守り続けていたという祖父。
七十を越えた頃、孫にせがまれ初めて描いたソレは素晴らしい出来栄えだったが。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/608-bcf3fb0d
この記事へのトラックバック