--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異常快楽殺人 著:平山夢明

2009年12月20日 18:43

心の奥の魔を闇を直視できるだろうか。
これは人が人に対して行った、真実を記したものである。


「人体標本を作る男 エドワード・ゲイン」
「サイコ」や「羊たちの沈黙」など、モデルとなった映画は多数。
女性の身体を実に丁寧に、生活用品や衣服へと加工し共に暮らしたネクロフィリア。

強烈なトラウマに苦しみ、のちに亡くなる保安官もまた犠牲者の一人である。

「殺人狂のサンタクロース アルバート・フィッシュ」
誰もが警戒心を抱かない穏やかな老紳士。
その正体は、実に四百人の子供を貪り食らったという食人鬼。

実証が取れたのはその内わずか百人。
正確な数は当人にすら…

「厳戒棟の特別捜査官 ヘンリー・リー・ルーカス」
「羊たちの沈黙」のレクター博士のモデルとされる、シリアルキラー。
その犠牲者の数は、少なくとも三百六十人。

母の陰湿な虐待により女性を憎み、唯一愛した人さえも手にかける。
だがしかし、彼を改心させたのもまた一人の女性であった。

「ベトナム戦争は終わらない アーサー・シャウクロス」
幼児期の虐待と戦争経験により「時限爆弾型犯罪者」へと陥ったベトナム帰還兵。
抑えきれない衝動のままに、殺した数は十一人。

鏡に写る自らの姿を見て我にかえるまで、彼の戦争は続いていた。

「赤い切り裂き魔 アンドレイ・チカチロ」
連続殺人など存在しない、というソ連の体制により野放しにされた異常性愛者。
被害者の数は五十三人にも及び、また無実の罪で逮捕された者も多数。

遺体の破壊から生きたままの解体へとエスカレートする様は、正に狂気。

「少年を愛した殺人ピエロ ジョン・ウェイン・ゲーシー」
「IT」のモデルとなったキラー・クラウン。
道化師の姿で慈善活動を行う傍ら、少年を中心に殺した数は三十三人。

床下に埋められた二十九人の遺体の収容は、警官の命を危険に晒す事になる。

「人肉を主食とした美青年 ジェフリー・ダーマー」
青年ばかりを狙い、その人肉を主食とした食人鬼。
犠牲者は少なくとも十七人。
その犯行は自室で行われ、悪臭の中当人は平然と暮らしていた。

警察官による人種差別により、一人の命と逮捕のチャンスを失っている。


異常快楽殺人 (角川ホラー文庫)
平山 夢明
角川書店
売り上げランキング: 4533
おすすめ度の平均: 4.0
5 ロバート・K・レスラーのより面白い
3 欠点は欠点。その上で欠点を越えて。
4 シリアルキラー
4 読む前に心の準備を(笑)
1 信用できない

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/62-bd14f1ed
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。