--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「超」怖い話甲 著:松村進吉

2015年02月12日 22:36

冬の干支シリーズに続き、夏の十干シリーズがスタート。
さらなる深遠へ、そんな怪異を三十編。

「仔育て」
盗んだ物を隠していた、人気の無い神社の裏。
そこに棲みつく人懐こい犬は、いつも仔犬を育てていたが。

「先達」
ある男が鏡の中に見えると主張する、顔の周りの物。
自分と知り合いにだけあるのだというソレはその後。

「遠隔地実体能力」
実家で見た、自宅マンションのとんでもない場所にとんでもない事をしてしまう夢。
あまりにもリアルだったソレを、帰宅後確認してみると。

「粉人形」
ソレが自宅内を薄っすら覆う度、家族を襲う異変。
念入りに掃除するうちに見つけた奇妙な置物から溢れるソレは洗っても洗っても…

「血の道」
職場の近くで起きた、あまりに悲惨な死亡事故。
ただの目撃者でしかない彼女の身に起きた異変と、思い当たる原因とは。

「撮影」
遅れて集合場所に来てみれば、既に皆が怯えきっていた肝試し。
制止を振り切り1人強行した彼が、カメラを手に戻ったところ…

「穴で待つ」
父親の納骨の為、訪れた墓地。
墓石を開けた弟と骨壷を持つ兄だけが見た、そこで待つものとは。


「超」怖い話 甲 (竹書房文庫)
松村 進吉
竹書房
売り上げランキング: 324,503

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/620-9b235e60
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。