--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「超」怖い話ベストセレクション 怪恨 著:久田樹生

2015年02月18日 20:02

「「超」怖い話Ν、Π」「怪福」「怪災」「怪罪」「怪罰」からの傑作選。
新作三編を加え、全編加筆訂正した怪異をここに七十一編。

「別室から(胡座)」
激しく口論を交わす大人達の話に頷き首を振り、そして砂掛けをした仔犬のようなモノ。
誰かを思わせるその仔犬は、唯一好意的な仕草を見せた者の家に居続けた様だが。

「好きだった人(馬鹿なの?)」
現実味の無い夢を語り、咎めた恋人に心中を迫る年下の男。
別れた後、共通の知人の夢や部屋の隅に彼が現れるようになったと言うのだが…

「遠い謡声(謡)」
山の中で遊ぶ子供が聴いた、女性の謡声。
民謡を思わせるその謡声の主を探し求め、深い森の近くまで来た子供達が見たモノとは。


「超」怖い話ベストセレクション 怪恨 (竹書房文庫)
久田 樹生
竹書房
売り上げランキング: 59,654

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/625-ef4976c0
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。