--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怖イ話 現代百物語 著:西浦和也

2009年12月25日 23:34

百話目は開くか開かぬか。
開けば繋がる九十九の怪異を、今ここに。


「猫が啼く その1~3」
家の中から猫が啼く。
殺した筈の猫が啼く。
体内からは…

「整理整頓」
毎日整理整頓が欠かせない本棚。
その中には、やはりこの手の本も?

「大凶」
悪ければ悪い程繁盛する職業。
大凶を引き、大喜びしたその次の日に。

「健康のために」
死んでもなお律儀な事である。
案外、奥さんが去った後にゆっくりと楽しむつもりか。

「トイレの花子さん」
トイレにいるモノといえば花子さん。
しかし、これはそうそう見れないかも。

「恨み節」
伝説のFCソフト「えりかとさとるの夢冒険」を思い起こさせる、怪。
それほどまでに過酷なのか。

「獄の墓 その1~6」
古地図のその名に惹かれた事から全ては始まる。
それとも在学時代から続いていたのか。


怖イ話 現代百物語 (竹書房文庫)
西浦 和也
竹書房
売り上げランキング: 8922
おすすめ度の平均: 5.0
5 竹書房から発行される著者の3冊目

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/63-b0523234
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。