--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖箱 魂迎 著:深澤夜/戸神重明/鳥飼誠

2015年04月04日 20:30

魂が引き寄せられる、そんな怪異を三十二編。

「駅のホームで」
大人二人掛りでようやく引き上げる事ができた、ホームの隙間に落ちた少女。
気のせいかと思っていたその時見たモノを、大人になってから母親に話したところ。

「黄色のTシャツ」
茸取り中に遭遇してしまった、腐乱死体。
まだ携帯を持っていない時代、電話を求めて下山する彼に付きまとう女の言い分とは。

「東北の竹筒」
万が一の為、竹筒を刺し話しかける風習があった村。
祖母の声を聞いた少年に呼ばれ、急ぎ駆けつけた両親が聞きそして見たモノとは。

「録画」
実家のインターホンに録画されていた、自らの姿。
母や叔母、妻や知り合いまでもが間違いないと口にするそれは当人の目には。

「振り子時計」
それまでは気にならなかった筈の時計の音。
音の元を確認した彼は、そこに覚えのある物を見たが…

「少し寒い」
奇妙な女が歩き回る金縛りが解けた後に感じた、顔の寒さ。
鏡の中に見たのは、顔中の…

「すぴっくすぱっく」
ホームレスの女が呟いていた、奇妙な言葉。
その言葉が頭から離れなくなった店長、そして彼女の身に立て続けに起こった異変とは。


恐怖箱 魂迎 (竹書房ホラー文庫)
深澤夜 戸神重明 鳥飼誠
竹書房
売り上げランキング: 418,315

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/648-f10ab6b4
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。