--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪談実話 饗宴5 著:平山夢明 他

2015年04月09日 20:46

総勢十三名からなる、怪の饗宴。
異色メンバーが贈る怪異をここに、二十七編。

「座敷童子」
菓子でもてなした結果、幸運と財を呼び込んだ座敷童子。
わずか三年で団地から一軒家へ越す事となった一家に、それは付いてきたが…

「あぶない入道」
何を指すのかまるで判らない、友人との電話にのみ聞こえる警告の声。
実家に現れたモノと友人が見たモノに関係があるのか無いのか、それ以降。

「かわいい子よ、ごめんなさい」
火災で死亡した子供の霊を慰める歌がCMに使われているという都市伝説のある、中国のデパート。
休憩に入ろうとした従業員が聞いたその声は、はしゃぐような声だったが。

「草刈り」
草刈中に聞こえた、何者かの悲鳴。
何も見つからず、気のせいで済ませた彼の部屋に深夜訪れたのは…

「草犬」
何年も放置し草が伸び放題となっていた庭を横切る何かと、置かれていた奇妙な小屋。
翌日仕事から帰宅した彼女がその中に何かを見たと思ったが…

「地震」
その部屋で死んだ訳ではないので、少しだけ安い瑕疵物件。
時折起こる速報の出ない小さな地震に、気づかず寝ていると。

「異人」
母が作り出す寝物語に混じる、天井の音。
母はそれも楽しげな物語に変え、子はそれを信じたからこそ一人の夜にも耐えられたが。


怪談実話 FKB饗宴5 (竹書房ホラー文庫)
平山夢明ほか
竹書房
売り上げランキング: 221,180

著:平山夢明/黒木あるじ/松村進吉/黒史郎/東良美季/ギンティ小林/柳原慧/明神ちさと
倉坂鬼一郎/岡本美月/清野とおる/亀井亨/小田イ輔
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/650-68182f4a
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。