--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪談社 己の章 著:伊計翼

2015年04月28日 22:04

大阪、十三に実在する「怪談社」が送り出す怪異をここに五十四編。

「動画」
どうせ作り物と思いつつ、パソコンで見ていた心霊動画。
電源を落とした瞬間認識したモノは、その後も時々。

「夏の思い出」
大雨にもかかわらずバーベキューを強行し、そして火傷してしまった父親。
病院での治療を終え、荷物を回収しに戻ったキャンプ場で待って居たモノとは。

「おいで」
事故車ではないというが、客は誰も近付きすらしなかった中古車。
即決で購入した夫婦の幼い子供が気に入った、その理由とは。

「いたずら」
肝試しに行ったら霊がついてきたと言う友人の叫び。
何もしてないという彼曰く、それはつい最近殺された人ではなく…

「ただいま」
いつもより遅く帰宅した彼女を見た、家族の奇妙な目。
全員が認識し、姉にいたっては会話もしたと言うその誰かは今風呂場で。

「隙間」
台所に立つと風を感じるという、安アパート。
どこから風が来るのか調べるべく、火をつけた煙草の煙は…

「都市伝説」
都市伝説のようにベッドの下に居たという、子供の呟き。
それを聞いた友人が家主を連れ出し、警察へ電話したその瞬間。


怪談社 己の章 (竹書房ホラー文庫)
伊計 翼
竹書房
売り上げランキング: 102,736

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/658-61a2dc06
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。