--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視えるんです。ミミカのとおの物語 著:伊藤三巳華

2015年05月21日 19:07

可愛くて怖い、ホラーコミックエッセイ第四弾。
「遠野物語」の舞台や被災地を訪れ感じた話をここに、十四編。

「第1話 遠野を訪ねて」
「死が身近な所」という第一印象だという、遠野物語の舞台。
遠野郷最古の神社に拒絶されたその夜、宿に現れたのは。

「第4話 喜善のルーツは禍々しいかほり」
デンデラ野へ向かう途中立ち寄った、元処刑場だというダンノハナ。
重々しい空気の中にある集合墓地には、大量の…

「第5話 遠野の怪は夜ひらく」
夜、ビールを買う為自転車で出かけた著者が出会ったモノ。
動物、人、そして…?

「第6話 かっぱ騒動」
遠野といえば、やはり河童。
捕獲許可証を取り、張り切って向かった著者がその地で見たモノとは。

「第9話 遠野の人々と石」
遠野物語にも記述され、今の人々にも受け継がれているという石への想い。
ソフトを舐め舐め「呼ばれ石」という名の石に近づいた著者が見、そして聞いたモノとは。

「第11話 七観音と三女神」
途中、ヘビの死骸を見かけ弔ったという七観音巡り。
「鞍迫観音」で著者が見たものは、まるで…

「第12話 六神石神社と風の神様」
「六神石神社」の拒絶の空気に気づかない担当に対し現れた、怒りの形相のモノ。
成す術の無い彼女達を助けたのは、その前に訪れた別の神社の…

視えるんです。 ミミカのとおの物語 (幽BOOKS)
伊藤 三巳華
KADOKAWA/角川書店
売り上げランキング: 24,368

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/665-41e26eef
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。