--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「超」怖い話∞(エンドレス) 著:樋口明雄

2009年08月17日 08:06

じっとり怖い、実話怪談。
勁文社版「超」怖い話シリーズから樋口氏執筆分を再録した番外編、第二弾。
新作を加えた不滅の怪奇、みっちり六十八編。


「朝五時の訪問者」
友達が自由に出入りするアパートの一室。
入ってくるのは人だけではないようで。

「テープに録音された声」
ラジオの設定間違いで録音されていた無人の部屋の音。
掃除、しましょう。

「キューピッド様」
小さな子供のお願い。
そのまま指示に従っていれば、それは叶えられた。

「三輪車」
昼間なら、なんて事の無い風景。
それが夜中の二時過ぎだったら…

「神隠し」
山への遠足で行方知れずになり、二日後に帰ってきた二人の子供。
憔悴もせず、腹も空かせていない彼らは一体どこにいたのか。


「超」怖い話∞(エンドレス) (竹書房文庫)
樋口 明雄
竹書房
売り上げランキング: 274606
おすすめ度の平均: 4.5
5 正当派の怖さ
4 ちょっとした「怖い話」の実話集

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/7-7c59b86d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。