--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖投稿 逢魔が時物語 著:結城伸夫+逢魔プロジェクト

2010年01月24日 22:35

怪談サイト「逢魔が時物語」の管理人が結城伸夫の名で送り出す集大成。
十年以上に渡り綴られてきた恐怖の記録、六十編。


「祖母が来た」
亡くなった祖母が孫やひ孫の元へ。
だからといって、心温まる話とは限らない。

「電話ボックス」
何故か気になってしまった電話ボックス。
確かめに行きさえしなければ、彼は今も平穏に。

「タクシーに乗る少年少女」
タキシードにカクテルドレス。
深夜、正装して乗り込んだ子供達が降りた先は。

「化け猫」
死んだ飼い猫が命日に逢いにくる。
飼い主には嬉しい事でも、赤の他人から見ると?

「みずらの男」
部屋に現れた霊と、テープに入った不思議な言葉。
推測が正しいのなら、相当昔の霊という事に。

「血の病院」
その地域では「無かった」事とされている病院。
肝試しに出かけるも辿りつく事のなかった男が、翌朝見たモノとは。

「『血の病院』訪問」
辿りついてしまった、中学生達。
彼らが見てしまったモノ、そして無くしたモノとは。


恐怖投稿 逢魔が時物語
結城 伸夫 逢魔プロジェクト
新風舎
売り上げランキング: 613131

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kumaniac.blog99.fc2.com/tb.php/81-65301b67
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。